京都への国内旅行でぜひ味わいたい和菓子はなんだろう?京都でおすすめの和菓子

京都には、伝統的な和菓子を提供するお店もあれば、新しい感覚をプラスしたおしゃれな和洋折衷のお菓子を提供するお店もあります。古都を訪れた思い出がさらに素敵なものになる、美味しい和菓子店をご紹介しましょう。

・出町ふたば
豆餅(豆大福)の名店として知られているのが、出町ふたばです。京阪電鉄の出町柳駅から5分ほど歩いたところにあるお店は、いつも行列ができる人気ぶりです。

豆餅は、やわらかなお餅に、塩気のきいた赤えんどうを練り込み、甘さ控えめのこし餡をたっぷり包んで仕上げてあります。口福感という言葉がぴったり合う、豊かな風味の豆餅をぜひ味わってみて下さいね。

・豆政
京都で古くから愛されてきた豆菓子の名店が、豆政です。豆政を代表する銘菓、夷川五色豆は、宮中の祝い事でも使われた華やかな赤、白、緑、黄、茶の五色で作られています。

最近では、パステルカラーのおしゃれな豆菓子、クリーム五色豆も登場しています。五色豆の伝統は大切にしながら、洋風感覚をプラスして作られていて、コーヒーや紅茶とも相性抜群です。

・豆政

ふんわりとした優しい食感のクリーム五色豆は、従来はあまり豆菓子に馴染みがなかった若い世代からも人気を集めています。

パッケージもとても可愛らしいので、お土産にも喜ばれますよ。

・琴きき茶屋
桜の名所として知られる嵐山の渡月橋のふもとにある琴きき茶屋では、香り豊かな櫻もちが人気です。琴きき茶屋の櫻もちは、道明寺粉で作られた餅を塩漬けにした桜の葉2枚で包んで仕上げたものです。

嵐山の景色を眺めながら一服するのも素敵ですし、京都らしい上品さの感じられるお菓子は、お土産に買って帰っても喜ばれますよ。

・俵屋吉富
京菓子の老舗、俵屋吉富では、俵最中や雲龍といった古くから親しまれてきた銘菓のみならず、モダンでおしゃれな和菓子も販売しています。

若い女性を中心に注目を集めているのが、小さな砂糖菓子のリキュールボンボン京野菜です。賀茂ナスや聖護院カブといった伝統的な京野菜を模した愛らしいお菓子をぜひお土産にどうぞ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ